■ペットボトルやビンなどの密閉容器に入れないで下さい。
  密閉するとすぐに 破裂 して危険です。
   ドライアイスは昇華(ガス化)して気体になると体積が 750倍に 膨らみます。
 
■自動車内には大量のドライアイスを持ち込まないで下さい。 酸欠 になり危険です。
   自動車内に持ち込む場合は、窓を開けるなど換気を充分にして下さい。
 
■ドライアイスは地下室や換気のない場所で貯蔵・取り扱いをしないで下さい。
   炭酸ガスは重いので床に溜まります。充分な換気の出来る場所でご使用下さい。


■ドライアイスには直接手を触れないで下さい。凍傷になります。
   厚手の保護手袋をご使用下さい。
 
■ドライアイスで遊んだり、口に入れたりしないで下さい。
   子供の手の届かない所に置いて下さい。
 
■ドライアイスは食品添加物ではありません。
   ソーダ水等の炭酸飲料は作れません。


Copyright (c)2009-15 株式会社テクノス All rights reserved.

.